6本編み ~Round Braid

br-black2.jpg

 

 

丸編みとか、6本組編みとか、そういう編み方のものです。

 

使った革は、厚さが2mmちょっとの牛革です。

長さは30cmで、紐の幅が3mm程度です。

出来上がりの本体を18cmと仮定して、両端が5cmくらいずつ余るように作ります。

 

用途はブレスレットということで。

 

 

まず紐を固定します。 私の使った紐は長い紐を二つ折りにして使うものではなく、1本ずつばらばら。

ですから、今回は見やすいようにクリップで留めてありますが、通常は糸を巻いて束ねて固定します。

 

 

6br1.jpg

 

1.左から、a.~f.と呼んで説明をします。

 

 

 

6br2.jpg

 

2.はじめに真ん中の2本、c.d.を交差させます。c.の上にd.を乗せます。

 

 

 

6br3.jpg

 

3.次に右端のf.を裏から左側に回し、一番左の紐a.をよけて、b.の上を通らせてd.の下をくぐって中央に出します。

 

 

 

6br4.jpg

 

4.今度は左端のa.を同じように裏から右側へ回し、一番右の紐をよけて、c.の上を通らせてf.の下をくぐらせます。

 

 

 

6br5.jpg

 

5.この時点で右端におかれているe.を、3の時と同じように裏から右側に出し、d.の上、a.の下に通します。

 

 

 

6br6.jpg

 

6.次は、左端にあるb.を裏から回して、f.を越えて、e.の下をくぐります。

 

 

 

6br7.jpg

 

7.次は、右端にあるc.を裏から回して、a.を越えて、b.の下をくぐらせます。

 

 

 

6br8.jpg

 

8.次は、左端になっているd.をこれまでと同様に、裏から反対方向に回し、

一番端の紐をよけて、次の紐を越えて、その次の紐をくぐるのです。

 

これで6本全てが組まれました。後は要領を繰り返しながら編み進めていきます。

 

  

 

6br9.jpg

 

編みあがった全体です。

用途によりますが、紐の端は接着剤を塗って別の革紐で巻いて留めるとか、

別の革で挟んで縫い閉じるとか、そうした方法で終えることが一般的だと思います。

 

以上が6本の編み方でした。

 

 

私は説明があまり上手ではないのですが、こんな説明でもお役に立てれば嬉しいです。

お試しになられる方、どうぞ良いものが出来上がりますように!

 

 

 

br-black_20100504173406.jpg

 

←戻る 

 

 

copylight© 2010

inserted by FC2 system