8本編み ~Herringbone

 

 

8本杉綾とか、ヘリンボーンとか、呼ばれる編み方のものです。

 

上の写真のものは、革紐長さ110cm/紐・幅が4mm程度のものを4本使って、二つ折りにして編みました。

出来上がり部分42~45cmを目安にして作り、この写真のものは中に芯を入れてあります。

  

ご紹介する編み方は、紐を二つ折りにして編んでいきます。二つ折り部分は、ナスカンやリングにかけるのが一般的です。

上の写真のものとは異なり、芯は使わずに編みます。

最初のうちは編み目が飛ぶときもあるので、時々裏を見て確認をすると良いと思います。

 

※手順写真は別の制作時のものです。

 

 


 

1.銀面と床面はこう いった感じに交互にします。中央の2本だけ銀面並びです。

 

 

 


 

2.中央の2本を交差します。向かって左側の紐を、右側の紐に乗せています。

 

 

 

 

3.次に、右側の床面の紐をかくっと折り曲げて②の上に重ねます。

 

 

 

 

4.同じように、左側の床面の紐をかくっと曲げて③に重ねます。これで中央の紐は、みんな交差しました。

 

 

 

 

5.次に、左端の床面の紐を裏から回して、右端2本を放っておいて、④に右側から重ねます。

『端から2本をよけて』と言うのが、この編み方のポイントです。

 

 

 


 

6.次は右端の放っておかれた2本のうち、床面の紐を裏から回して、

今度は左の端2本を放っておいて、左側から⑤に重ねます。

 

 

 

 

 

7.分かりにくいですが、左端の銀面の紐をくるっと裏から回して、右端2本をよけて⑥の上に重ねます

 

 

 

>

 

 

8.さらに分かりづらいですが、最後の紐、右端の銀面の紐を裏から回して、左端2本をよけて⑦の上に乗せます。

 

 

 

 

 

9.たるんでいると疑わしいので、1本ずつ締めていきます。
これで1回です。8本が交差しました。

 

 

 

 

 

10.編み進め、端の紐を裏から回し、反対側の端2本をよけて中心に重ねる、を繰り返します。

 

 

 

 

 

11.左端なら右2本をよけて表に出す、右端なら左2本をよけて表に出す、という感じです。

 

 

 

>

 

 

12.編み進めて最後まで来たら、飛び出た部分の始末をします。
本体に重なっている最後の所を接着剤でとめます。<

 

 

 

8本編みは本数が多いだけに中心が空洞になります。

ブレスレットのように、扁平につぶれて良いものであれば芯は無くても良いと思います。

お財布の命綱などに用いる場合は芯を巻くように編むと安定して長持ちます。

    

 

用途にもよりますが、終わり部分は接着剤を塗って固定し、

上から別の革紐で巻いてしばって留めるとか、

芯入りであれば最後のほうの芯を漉いて、別の革を当てて縫い閉じるとか、

そうした方法で終えることが一般的だと思います。

 

冒頭の写真のものは、ノットと呼ばれる一本紐を模様に編む方法で両端を固定し、兼、飾りとしています。

 

以上が8本ヘリンボーンの編み方でした。

 

 

私は説明があまり上手ではないのですが、こんな説明でもお役に立てれば嬉しいです。

お試しになられる方、どうぞ良いものが出来上がりますように!

 

 

 

←戻る 

 

 

copylight© 2010

inserted by FC2 system